新サッカー ユニフォーム おもちゃ 海外

花本の教え子には後に早稲田大学相撲部主将として学生相撲で活躍した中村隆夫(本校教諭)がいた。大正2年(1913年)の旧制崇徳中学校創立と同時に相撲部ができ、巡業中の綾の川、栃木山を迎えて土俵開きを行った。戦後、昭和38年(1963年)には中村の指導を受けた亀岡忠が高校横綱となる等の成績をおさめている。年齢別にも多くの国際大会を経験することが可能で、若い選手の成長につながっている。